ホーム » ジョーカーレーサー R/C サーバーとは » ジョーカーレーサー R/C サーバー仕様

ジョーカーレーサー R/C サーバー仕様


Joker Racer R/C サーバー」はラジコン専用に開発された超小型・省電力のLinuxサーバーです。
この Linux サーバーに、ラジコンに搭載されているサーボモーター・スピードコントローラーと市販のWebカメラを接続するだけで、リアルタイムな映像・音声とともにブラウザ上からラジコンを操作できるようになります。


※iPhone版は 2010年提供予定

「Joker Racer R/C サーバー」は当面は個数・用途限定での提供になりますが、今後準備が整い次第一般ユーザー向けにも販売する予定です。

Joker Racer R/C サーバー (先行提供版) 仕様

サイズ W10 x D6 x H2 (cm)
CPU ARM Cortex-A8
端子 サーボ端子 x 2 (ラジコン制御用)
USB 2.0 端子 x 1 (UVC対応 マイク付きWebカメラ用)
シリアル端子 x 1 (コンソール)
無線LAN IEEE 802.11n 無線LAN 内臓
電源 7.2V-12V DC 入力
消費電力 3-5W